ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著、野口絵美訳『大魔法使いクレストマンシー クリストファーの魔法の旅』(2001年、徳間書店)


クリストファー・チャントは、幼いときから夢の中で別の世界に自由に移動する能力を身につけていました。それに気づいた伯父が彼を利用するのですが、伯父が大好きなクリストファーはそのことに気づきません。伯父に言われるままに行動しているうちに出会った、伯父の使いだという青年タクロイと、別の世界で神殿に暮らす「女神」と仲良くなります。やがて、クリストファーが9つの命を持つ特別な大魔法使いで、次代のクレストマンシーになる身であると分かり、老クレストマンシー・ゲイブリエルの城に引き取られます。やがて伯父の悪事が老クレストマンシーたちの知るところとなり、タクロイや女神たち、ひいては別の世界も巻き込む大事件になります。クリストファーは、この困難を解決できるのでしょうか……?


先日読んだ『魔法使いはだれだ』に出てくるクレストマンシーが、クレストマンシーになる前の物語。——と書くと何だと思われる人もいるかもしれませんが、クレストマンシーというのは、魔法が正しく使われているかを監視する大魔法使いの称号なのだそうです。これは単なるクリストファーの冒険ではなく、彼自身が魔法使いとしてだけでなく、人間的にも成長する過程を描く物語でもあると思いました。大人の視点から見ると、「ここまできたら、伯父さんの正体に気づいてもいいんじゃないかな」「そんなに頑張ってもしょうがないから、観念すればいいのに」などと思ってしまうところもあるのですが、子どもの視点から見れば共感できるのかもしれません。


クリストファーが主人公なのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、タクロイや「女神」の話がもっと書かれていても面白かったかもしれないと思いました。物語を解決するためにひっぱり出してきた設定、というふうに感じられるのが残念です。


ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著、野口絵美訳『大魔法使いクレストマンシー 魔法使いはだれだ』(2001年、徳間書店)


魔法使いハウルのシリーズを読んで以来気になっている、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品です。魔法使いが厳しく弾圧を受ける世界の、ある寄宿学校が舞台。問題児がまとめて入れられたクラスで、「この中に魔法使いがいる」というメモを教師が発見します。その存在は生徒たちには明かされませんが、学校の音楽室に鳥が大挙してやってきたり、生徒の靴が全部講堂に降り注いだりと、メモを裏付けるような出来事が次々に起こります。追い詰められた少女が、助けを求める呪文を唱えると……というのが、この物語のあらすじです。


面白いほど「いい子」や「いい人」が出てきません。みんなどこかひねくれていて、一筋縄ではいかない性格です。「ああ、このままだと火あぶりだな」という人物でさえ、「かわいそうに」という肩入れはできないひねくれぶりです。が、その魔法が引き起こす騒動はドタバタでなかなか好きです。クレストマンシーの登場は後半の1/3ほどだけで、しかも彼がそんなに重要な役割を担っているとはとても思えないのですが……。あと、それまでのチャールズの行動を考えると、最後の最後で気持ちを変えたのがちょっと唐突すぎるのではないかと感じました。


でも、今回の解決方法はなかなか面白いと思いました。


ジョン・ベレアーズ著、三辺律子訳『鏡のなかの幽霊』(アーティストハウス、2002年)


何を間違えたのか、『ルイスと魔法使い協会』シリーズ3冊目をリクエストしたつもりが、それを飛ばして4冊目を読んでしまいました。運良く3冊目の内容は関係なかったので、問題なく楽しく読めましたけれど。


今回は、魔力を失った(すっかり忘れていたのですが、2冊目の話でした)ツィマーマン夫人が、魔力を取り戻すために、鏡の中に現れる彼女の魔法の師匠、ウェザービーばあさまに言われたように、ローズ・リタと一緒に旅に出かけます。しかしツィマーマン夫人も予想していなかった事態になり、彼女たちは1828年のペンシルヴァニアにやって来てしまいます。そこで、悪い魔法使いだと疑われている一家(その家の娘が、のちのウェザービーばあさま)を助ける——という筋書きです。


実はこれまで(と言っても2冊目までの話ですが)、このシリーズは面白かったものの少々不満がありました。それは、読者にまったく知られていない謎が物語の伏線で、それが終盤に唐突に明らかになって解決されておしまい、という感じでストーリーが進んでしまっていたからです。でも今回はそういう状態にならず、ローズ・リタと一緒にハラハラしながら展開を見守っているような気分になりました。


素朴なペンシルヴァニア・ダッチの生活、周囲から誤解されて苦しむヴァイス一家、善良でやさしい魔法使いのドレクセルじいさま、彼らを陥れようとする存在……すべてが興味をひきつけ、どきどきわくわくさせます。自分がドイツ語を知っているから、余計楽しめるのかもしれません。


物語のおしまいのほうでほんの少ししか出てきませんが、それまでの頼りない感じのルイスがちょっと変わった(成長した)ように感じるのも、シリーズを通して読む魅力の一つでしょう。それまでは友情としか思えなかったルイスとローズ・リタの関係がどのようになるのかも楽しみです。


↑このページのトップヘ