去年よりは集中して、仕事するように努力しています。収入を減らさずに「土日祝日は仕事をしない日」にできればいいなあ、と思っています。でも、現在の生活パターンでこれを目指すのはちょっと難しいので、「土日のどちらかは仕事をしない」を目標にしています。


そういうことを意識して日々を過ごしているうちに、気づいたことがあります。


たとえば、今までは1日10単位の仕事を10時間かけてしていたとします。集中して1時間あたりの仕事量を倍にすると(2単位/時間)、5時間でその仕事は終わります。では、残り5時間でさらに10単位の仕事ができるかというと、もう頭が働かないのです。どんなに頑張っても、せいぜい12単位くらいでしょう。


15単位、20単位という作業量が可能になるのは、よっぽど締め切りが迫っているときくらいです。しかも私の経験からすると、その後数日はタマシイが抜けたようになってしまい、結果として、平均すると1日の仕事量は同じなのです。これも、次々と仕事が重なっているときは別ですが、精神衛生上いいものではありません。


作業の時間に関わらず、1日あたりの頭の処理量には限度があるようです。あくまで私の場合であって、そうではないという人もいるかもしれませんが……。


これまでダラダラと仕事をしていた時間がぽっかりと空いてしまうと、正直なところ不安になります。でも、思い切って頭を切り替えて別のことをして、翌日スッキリとした頭で仕事に取り組むほうがずっとよいと考え、これまではやる気になれなかったことをしています。


実は運転免許の類を持っていないもので、顔写真つきで自分を証明できる唯一のものが、パスポートです。これは住所を証明できないので、これとは別に健康保険証なども必要になりますが……。住民基本台帳のカードを顔写真つきで作ればいいのですが、作りそびれています。


でも実は、このパスポートが昨年7月に期限切れになりました。新しいパスポートを作るのに、期限が切れてから6ヶ月以内のパスポートがあれば身分証明に使えるとのことなので、1月上旬には申請をしなければなりません。これが使えないと、健康保険証と年金手帳を持ち出さねばならなくなります。


仕事が忙しくてすっかり忘れていたのですが(これも昨年のスケジュール管理が甘かったためですね)、運良く年末にパスポート申請をしなければならないことを思い出したので、慌てて写真館に行き、パスポート用写真を撮影しました。


今日、その写真を取りに行きました。


まあ、元が元だけにアレですが、結構よく撮れています。ダイエットはできなかったけれど、この先10年この写真がパスポートにあってもいいな、と思いました。


実はおととしの夏ごろに、履歴書用の写真を撮影していました。でもこれが非常に辛気臭い顔で写っていて、「うすいさちよ」の趣でした。これを履歴書に貼って応募しても、採用はされないなあ、と自分でも思います。


2006年は自分にとっていい変化がもたらされた1年だったのだと思います。10年後には、もっといい表情で(しかもダイエットもして)撮影した写真をパスポートに使いたいな、と思いました。


何より、申請そのものを、忘れずに期限内にしなければなりません。


まずは、このblogをもっと頻繁に更新することです。SNSなどの日記は、気楽に書けるというのが魅力です。でも最近は、もうちょっとしっかりと考えたことを書きたいという気持ちが強くなりました。楽なほうに流れると、きちんとした文章を書く場から遠ざかってしまいます。


そして、2007年の大きなテーマにしたいのが、「仕事を詰めすぎない」ということです。これは、今の仕事量を減らすのではなく、集中して効率よく作業することで解決したいと思います。1日1週間365日、ずーっとダラダラ仕事をするよりも、集中して短時間で作業して、空いた時間を趣味や気分転換にあてるほうが、仕事の質もよくなると感じています。


2007年にやりたいことややらなければならないことを徹底的に書き出してみたところ、根本は時間と仕事の管理に尽きる、と感じました。これができなければ、自分の活動の幅は広がりません。その他のここに書ける主な目標は、次の通りです。



  • 時間と仕事をきちんと管理する。

  • 集中して効率よく働く。

  • 休日を作る。

  • 趣味の時間を作り、楽しむ。

  • 運動と食事に注意して体重を減らす。

  • 家族との旅行や外出の機会を増やす。


去年は10月の1ヶ月で挫折した語学講座はどうするんだとか、色々あるのですが、それはまあ枝葉ということで……。結局、仕事をダラダラやっていると、ラジオだろうが語学学校だろうが、行くヒマはなくなるのですよね。


今年はもうちょっと内容のあるblogにしていきたいと思っています。よろしくお願いします。


↑このページのトップヘ